仕事中の占い師

オーラ診断の内容

休日の過ごし方

人が有するオーラとは何か

そもそもオーラとは、スピリチュアルな世界において生体が発散している霊的な放射身体もしくはエネルギーを意味しています。 宗教や芸術でも、後光や光背といった人や物体を取り巻く微妙に輝く光の層として認識されています。宗教的な芸術作品には、様々なオーラの描写がなされており、オーラが実体視できるものであるかのような強い印象を受けます。多くの場合、神聖さや人知を越えた特別な力を表現するのに用いられる描写です。 こうした描写が、人物の存在感や風格といった「人の雲囲気」という意味合いでオーラと言う言葉が広用いられるようになりました。 そこには、人が生来持ち合わせてものと、人生経験や修行により形成されたものがあるとされています。オーラ診断では、それぞれの特性を勘案して、それを有する人物の運勢を診断します。伝統的な占いや運運勢診断と異なるのは、オーラが観測(実体視以外の方法)できなければ診断できないということです。

その種別と診断の方法

オーラ診断では、その性質により色合が異なると言われております。その色合いは、それを有する人物の本質的な人格を表しているという説があります。 そして、オーラの色には12色あるともされております。赤、オレンジ、黄色、黄緑、緑、青、緑青、青紫、紫、赤紫、金、銀という12色です。色それぞれに特徴があります。 祖の一例を示すと、赤は、情熱的で正義感あり指導力があるとされています。オレンンジは、華やかで親しみやすさがあり、世話好きな人柄とされています。黄色は、ユーモアのある朗らかさを表します。黄緑は、愛嬌のある半面で観察力に優れています。緑は、情緒が安定していてひとを癒す力があるとされます。青は、知性を表しますが、人間関係に慎重な人柄とされます。

このエントリーをはてなブックマークに追加